FC2ブログ

オレ、サイキョウ、ぅwwェwwェwwwゥ

 今月は~~~~~、ノビのことさらっと忘れて2nd垢で活動していくよぉぉぉぉ!!

 ソゥ! スティレットを100本精錬しても+10が一本もできない、とか! 青箱13個開けても慟哭以外でやしねぇ、とか! ノビなのに車掌に追いやられる、とかぁ!
 そんなそんな不吉な1st垢のことはキッパリ忘れて、2nd垢でまっすぐゴー! だ! DaDa! しかも2nd垢は♀垢なんで、萌萌に走って、萌萌だら~りと過ごしていく所存であるのでなによりヨロシコ。

 しかし2nd垢は銭がないのぅ。1M銭も持ってないとは困ったぜ。増えたスロットに新キャラでも作ろうかと思っていたのに、これじゃ初期装備を揃えてやるどころじゃないぜなぁ。HAHAHAHAHA。
 ちなみに、新キャラは、
 
 でもでもぉ、槍を扱き続ける剣士さんを眺めていたら、剣士さんもいいかなぁ~とか思い始めている俺ガイル

 剣士さんだ!
 しかもSTR>VIT型(予定)のな。て、銭がねぇ銭がねぇといいつつ、回復POTを湯水のように消費する剣士さんかよ! こ~いつは笑うしかねぇやHAHAHAHAHAHAHA……。 (本当は笑い事じゃない)
 そんな貧乏人がなんで剣士なのかというと、「さわやかバイオレンス」というサイトのかしわぎさんが、とてもイイことをいっていたからだ。
 それは、
「一撃死しなければ、負けはしない!」
 という言葉だ。
 オレは、なんかこぅ、ズシンと心にぶち当たるような衝撃を感じてねぇ。さすが剣士はHPの鬼だぜ。とか、そんな感銘を受けたのだ。オレも結構高目のVITを持つノビで何年も遊んできたので、VITというステにはイロイロと思うことがあったわけだ。でもノビでVIT型とかヤバイので。(キツイとかいう程度の領域での話ではないことだけは確か)
 そこで、VIT型が顕著に活かせる剣士さんをやってみようという気になったのだ。でも♀剣士のグラフィックは個人的にあまり好きになれないので、騎士になるつもりである。レベル上げにも高い効果を持つ槍スキルを揃えた、それなりにつぉい騎士になるのが目標である。しかも高VITによる、高MHPを備えた騎士だ。今から想像するだけでなんか楽しいぜ。
 まぁ、低Lv装備のうえ(ノビ系装備流用なんで)に、ALL+4だろうけどなぁ~。

 ちなみに、オレはむか~しむかし、つぉい槍騎士さんを経験してみようと思って、50転までして槍騎士を作成したことがある。騎士に転職して、ピアースを憶えて、さぁ廃屋てハァハァハァガッチリ握手! と、勢いつけて乗り込んではみたものの、5分で飽きて寝落ちしかけて、そのまま槍騎士放置存在そのものを記憶の彼方へ忘却シャットダウン完了。とかしている前科がある。今回はそれをある程度踏習していく所存である。ぉっと、寝落ち&放置はしないつもりだぜ?(一応な)

 そんなこんなで、剣士さんは誕生し、水パイクを片手に剣士修練所(?)を訪れた。
 ぁ~、ココはいいよなぁ。楽で! ァー! しかも、さすらい狼に粘着できるところが、またイイ。時間を計って飛び回り、獲物を見つけては狩りまくる。単調な将軍イジリもコレがあるから嫌にならない。オレ的至福の時間だ。


 さすらい狼がドロップした帽子! そ・れ・は~?

 そんなこんなで、さすらい狼から帽子をゲットだぜ? ヒャッホゥ!
 ンマー、今時ウェスタングレイスが簡単に高値で売れるとは思わんがな。それでも剣士さん誕生による経費の枯渇を少しくらいは潤してくれるだろう。
 と、思う。

 最初は冗談に近い気持ちで値段をつけていた。でも冗談じゃなかった。冗談じゃないヨォォォォ!!

 しかし、ウェスタングレイスを露店で出したら即売れ! うぉぉぅ、こいつは2nd垢始動早々にイイ感じだぜ。HAHAHAHAHAHAHA!

 ん?

 ぉ?

 レレ?

 なんか所持金が増えてねぇぞ?

 露店の値段を改めて確認してみる。

 ………………………………。

 100.000 Zeny?

 100k銭で売っちまったぁ!?

 orz



スポンサーサイト

熱砂の攻防

 2月の頭に、一年近く休止していたROに復活してから一月以上経過した。
 ノービスという、辛く険しく楽しい道がいつまでたっても忘れられないからである。あと、ンコを頭の上に載せるという非常にCOOLな行為が、ROを忘れさせてくれない大きな理由でもあったりするんだがな~。ンコマンセー

 んで、ノービスだ。

 ノビといえばおもちゃ工場。おもちゃ工場といえばノービス。つまり、ROに帰る→ノビに帰る→おもちゃ工場よ、ノビは帰ってきた! ということになる。ついでにンコも頭の上にじゃすとふぃぃっと!
 それにしても、死ねるほどおもちゃ工場で過ごしておきながら、それでもおもちゃ工場に帰ってくる気になれるというのだから、特化武器のひとつくらいあってもいいんじゃないか? なぜか今まで持ってなかったしな。
 ちうわけで作ったのが、この変態武器。

 

 おもしろいだけで、効率にまったく供与してくれないという、マゾ汁全開垂れ流しの変態ステキ武器である。結構SBが連発して発動してくれるため、楽しいことは楽しいのだが、SB発動後は再クリックが必要という少し煩わしさがつきまとうのは愛嬌の内なんだろうか?

 そんな変態フルスロットルモードでおもちゃ工場に帰ってきたノビは、BOTローグと共闘地獄を繰り広げることになったのだが……。青箱がでない! 5時間狩りを続けても青箱がひとつもでない!! ぉぃぉぃぉぃぉぃ、チトまてや。効率が出なかろうが、BOTと共闘してようが、嵐に轢き殺されようが、おもちゃ工場を溺愛し続けてきたのは、青箱を拾いたいからだぜ? それだけが楽しみでBOT工場に足を運んでるんだぜ? それが1個もでないってどういうことよ? 最悪2時間に1個は拾いたいものだが、5時間かけても1個も出ないってどいうことよ?
 ダメだ……。ダメダメだ。青箱の影を見ることができないんじゃ、こんな生き地獄で神経を繋ぎとめることなんてできやしない。
 かくして、ンコノビはおもちゃ工場を去ることになるのだった。

 続く……。
 


【“熱砂の攻防”の続きを読む】